待望の黒iMac!『iMac Pro』を購入するか悩みますなあ

21 コメント
待望の黒iMac!『iMac Pro』を購入するか悩みますなあ

スペースグレイに染められたデスクトップ型Mac『iMac Pro』が発表されたので喜んでいます。

ジャガアポー
シナモン
パイナポー

WWDC 2017で発表された、黒iMacこと『iMac Pro』

reveal-imac-pro-wwdc

日本時間06月05日26時に開催された、毎年夏恒例のAppleによる発表会“WWDC (World Wide Developers Conference)”
前回の記事でも説明したとおり、WWDCは開発者向けの発表会であるためOSを中心とした発表が多く、ハードウェアはほとんど発表されない発表会です。

しかし今年のWWDCでは、MacBookシリーズや『iMac』のモデルチェンジ、iPad Proシリーズのフルモデルチェンジ、新製品『iMac Pro』『HomePod』の発表…と多数のハードウェア製品が発表されました。WWDCでハードウェアが発表されるのは2013年以来で、実に4年ぶりです。
とはいえ開発者向けの発表会であることに代わりないため、前述のハードウェアに加えて新しいバージョンのmacOSやiOS・tvOSについても言及されており、異例とも言えるスピードでスピーチが進められる発表会でした。

ジャガアポー
パイナポー
reveal-imac-pro-website

僕はiOSアプリの開発を仕事にしているため、エンジニアとしての視点で楽しもうと思っていました。しかし先ほど述べたように今回はハードウェアも多数発表されたため、エンジニアとしてではなく、いち消費者としてもワクワクするような内容で願ってもいなかったことが現実に。

特に僕が感動したのは『iMac Pro』の発表。今回は、この『iMac Pro』に対する僕の感想を述べたいと思います。

ついにiPhoneのブラックモデルへカラーチェンジする日がくるか…?

reveal-imac-pro-blacks

僕は今まで様々なApple製品を買ってきましたが、今持っているApple製品のカラーはすべてシルバーに統一しています。iPhoneもiPadも『MacBook』もシルバーです。

実は「シルバーモデルが大好き!」というわけではなく、ある理由でシルバーを選んでいます。その理由が“Mac本体や周辺機器がシルバー色になっている“から。
僕は異なる製品間での外観を統一したくなる性格なので、すべてのApple製品の色を統一させたい性分なのです。

僕がずっと「買いたい」と思っていたカラーは、シルバーではなくブラック(スペースグレイ)。iPhoneやiPadのブラックモデルは、液晶部分とその周りのベゼル部分が同化しているため、まるで1枚の板のように見える外観に惚れ惚れしてしまいます。
同化した美しい外観を取って製品間の色統一を諦めるか、製品間の色統一を取ってブラックモデルを諦めるか…の2択で、僕は後者を選んできたわけです。

『iPhone 5s』を筆頭に、シルバーとブラック(スペースグレイ)以外にもゴールド・ローズゴールドのカラーモデルがiPhoneやiPad、『MacBook』に追加され、昨年2016年からは『MacBook Pro』にもブラックモデルが追加されました。

「これでやっと黒iPhoneを買える!」と喜んでいたものの、結局僕が愛用しているApple純正のマウス『Magic Mouse 2』とキーボード『Magic Keyboard』はシルバーを基調としたデザインのため、すべてをブラックカラーへ置き換えることはできなかったのです。

ジャガアポー
パイナポー
reveal-imac-pro-black-peripherals

そしてついに!
今回『iMac Pro』の発表と同時に、『Magic Mouse 2』および『Magic Keyboard』のブラックモデルの生産が決定されたのです。

ジャガアポー
パイナポー

黒マウス・黒キーボードは『iMac Pro』を購入しないと手に入らない!

reveal-imac-pro-accessories

Appleのサイト上で、ブラックモデルの『Magic Mouse 2』と『Magic Keyboard』 が掲載されている箇所は『iMac Pro』の紹介ページ内のみ。
このことから「単品では販売されず、『iMac Pro』の同梱物としてしか入手できないのでは」と思っていましたが、案の定、Appleからもそのことがアナウンスされました。ただし、ブラックモデルの『Magic Trackpad』は『iMac Pro』に付属せず別売りとなるため、単品で購入できる模様です。

シナモン
パイナポー

すなわち、ブラックモデルの『Magic Mouse 2』と『Magic Keyboard』が欲しい人は『iMac Pro』を購入する必要があるわけです。

黒マウス・キーボードは『iMac Pro』の付属品ではない、『iMac Pro』が付属品なのだ

つまり、僕がブラックモデルのiPhoneを購入するには周辺機器もブラックモデルにしなければならないため、『iMac Pro』を購入する必要があります。
世間では“『iMac Pro』にブラックモデルの『Magic Mouse 2』と『Magic Keyboard』が付属する”と思っている人が大多数かもしれませんが、実は“ブラックモデルの『Magic Mouse 2』と『Magic Keyboard』に『iMac Pro』が付属する”わけですね。

パイナポー
シナモン

34インチディスプレイから27インチの『iMac Pro』へ乗り換える…?

reveal-imac-pro-my-display

今の僕の作業環境では、LGの『34UC97-S』という34インチディスプレイを採用しています。通常のディスプレイは16:9のアスペクト比(縦横比)であるのに対し、このディスプレイは21:9であるため横に長い部分が特徴的。

僕が34インチディスプレイに触れる前は、2012年末に発売された27インチのiMacを使用していたため、同サイズである『iMac Pro』の使用感は想像が付きます。
27インチiMacの実質的な解像度は 2,560x1,440 。一般的なディスプレイのフルHD解像度は 1,920x1,080 であるため、27インチiMacは通常よりも作業領域が広いディスプレイを搭載していることになります。

2012年のiMacから乗り換えた34インチディスプレイの解像度は 3,440x1,440 。縦の作業領域はiMacと同じですが、横に関してはiMacよりも約1,000pxも広い領域を持ちます。
これだけ横に広い作業領域があれば、作業をしながら新規ウィンドウでYoutubeを開いたり、TwitterとWebサイトを見ながらブログ記事を書くことも可能です。

『iMac Pro』は27インチのiMacとほとんど変わらない外観で、実質的な解像度は 2,560x1,440 であるため、34インチから27インチのディスプレイへ再び戻るほどの価値はあるのか…悩みどころです。

ジャガアポー
パイナポー

メインマシンとして使うMacもそろそろ新調したい…

reveal-imac-pro-my-machine

僕が今メインマシンとして使っているMacは、2013年に発売された『MacBook Pro』。CPUなどの性能差はあれど、機能的な面では2016年秋まで発売されていた『MacBook Pro』までほとんど仕様が変わらなかったため、買い換えの必要性を感じていませんでした。

しかし、最近になってiOSアプリの開発を始めたこともあり、処理性能に不満を持つことが増えてきたのです。iOSアプリの開発ではmacOS上でiOSをシミュレータで起動する必要がある…すなわち1つのOSを追加で動かす必要があるため、それなりの性能が必要となります。

つい先日発表された最新の『MacBook Pro』ならば少しは不満も解消されるかもしれませんが、『MacBook Pro』はノート型Macであり薄型である以上、“Pro”という名前に納得できるほどの性能を備えていません。

そうなると僕が求めているMacは、それなりの性能を搭載したMac…すなわちiMacか『Mac Pro』になるわけです。
残念ながら今発売されている『Mac Pro』は2013年から1度もモデルチェンジされておらず、4年前のパーツを装備したMacであるため、少々お金をかけてまで手に入れたいと思える製品ではありません。結局、選択肢として残るのは『iMac』か『iMac Pro』となるわけです。

『MacBook Pro』と同じ“Pro”のブランドを冠する『iMac Pro』ですが、その性能は『MacBook Pro』を遙かに凌駕し、現『Mac Pro』よりも高い処理性能を備えるほど。その分、最低価格が約55万円から…と高額な製品ではありますが、プロ向けの製品ですから妥当な金額でもあります。

ただ、『iMac』の最上位モデルであれば十分満足できる性能であることは分かっているため、ブラックモデルのマウスやキーボードのために、オーバースペックかつ高価格な『iMac Pro』を買うのか…?という葛藤を抱いています。

おしまい。

あとがき
パイナポー
ジャガアポー
パイナポー
シナモン
ジャガアポー
パイナポー
シナモン
ジャガアポー
パイナポー
シナモン
ジャガアポー
パイナポー
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
この記事をシェアする
コメント
コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。
Jun

いいですね黒いapple製品
Appleの好きなところは製品のシンプルなデザインだったので、やっぱりAppleは白とか黒のシンプルな色が一番似合うと思います。
写真では影みたいにも見えるんで、今後の詳細な画像が楽しみです!

ジャガアポー

ジョブズがAppleから追放され復帰した当時にリリースされたiMacはカラフルでポップなデザインが多かったものの、最近はアルミニウム素材をベースとした高級感のあるカラーモデルがいくつか登場していますね。
まさか“高性能なiMac”が『iMac Pro』という別ブランドを冠した製品として発表されたのは驚きです(汗)

Mei

55万かぁ…
レビュー待ってます!

ジャガアポー

あははは。

なつき

迷 っ た ら 買 え

ジャガアポー

またまたご冗談を〜!

ゲゲゲのゲスト

来年発表が噂されるMacProの新型次第ですかね?
高級モデルは黒にしている気がするので、MacPro新型も黒だと思います。
iMacも筐体のスペース的に無理がある気がするので、
ジャガアポーさんには来年のMacPro全部盛りで100万ぐらい使って欲しいです。

ジャガアポー

果たして『Mac Pro』が来年登場するかどうか…。
Appleは「来年“以降”に」と言っていたので、もしかしたら来年末に発表、発売は再来年という線も十分考えられるんですよね。
うーん、今年中に新型『Mac Pro』が発表されれば迷わずに済むのに…。

リュウ

iMac Proが来れば、MoxBitの記事の更新ペースも上がるのでは!?

ジャガアポー

なるほど…!その手がありましたか!!

さえりけ

どうぞどうぞ ご購入ください!
もしかったら絶対レビューしてください!!!

ジャガアポー

うげえええええ。

ゲゲゲのゲスト

iMac Proのダークな感じいいですよね!
是非、買ってください。レビュー待ってます。

ジャガアポー

ダークな感じいいですよね、買ったら自慢できそうです!買うかは分かりませんが!!

だい

おそらく50万円はそれほど性能UPが見込まれないかと。単純にi7-7700kのimacの一番いいやつのほうが幸せになるかと思われ。(僕もimac2007買っちゃいました。)

ジャガアポー

僕としてはCPUよりもGPU性能が欲しくて、その点でVegaが結構気になるのです。
もし買うとしたら、CPUコア数が最も少ないモデルでGPUをアップグレードする…という構成になるかもしれません。

いんまー

今年のWWDC凄かったですよね!
個人的には値上げされたのは悲しかったですが...
僕はiMac21.5 4Kモデルを買う予定です!
関係ないですがMacBookはMacBookProと価格がかぶるので128,000円で良かったのではと思うのですが...(Proのストレージが128GBなのでしょうがないのでしょうか?)

ジャガアポー

WWDCはすごかったですね〜!あれだけの製品を発表したのはApple史上初めてなのではないかと思うくらい、多くの発表がありました。
値上げ…というのは、おそらく為替が反映されたのでしょうね〜。

おお、21インチモデルを買うのですね!届くのが楽しみですね〜!僕も『iMac』を買うか買わないかで誘惑と戦っています…。

山さん

あのVega GPUは僕も気になりました。今まではVRとかのハイスペックGPUはGTXというイメージだったのでこれを機にMacでなんでもできるようになると嬉しいです。

roa

高い...

roa

imac proにすべきか、mac proにすべきか...
mayaやzbrushなどのCGに向いてるのは何か教えてください。
今のimac でCGに向いてるスペックは何ですか?

コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。
コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。