Mac嫌いの人・Windows嫌いの人が勘違いしている、10の真実

99 コメント
Mac嫌いの人・Windows嫌いの人が勘違いしている、10の真実

Mac嫌い・Windows嫌いの人が勘違いしているウワサについて真実を述べてみます。

ジャガアポー
パイナポー
シナモン

はじめに

僕は、iPhoneが日本に登場する前からApple製品を愛用しており、様々な製品に触れてきました。iPadは毎年買い換えており、世間的に「失敗作」だなんて言われている『Apple Watch』や、(世間一般人から見て)あまり有名になっていない『Apple TV』や『AirMac』なども所持しています。
当サイトでもTwitterでも“Apple信者”を自称しているものの、古参と呼ばれるほど昔からApple製品に触れていたわけではありません。もともとはWindowsユーザだったからです。

仕事や趣味から、ほぼApple製品しか触れていない生活を送っていますが、今でもWindowsは好きなOSです。WindowsにはWindowsならではの拡張性の良さがあり、自作PCが趣味の僕にとっては欠かせない存在でもあります。

この記事では、Macを十分に使ったことがないのにも関わらずMacを嫌う人が誤解していることについて解説しています。ただ僕は先述したように、Windowsも好きなので、もちろんその逆も解説しています。
内容はあくまで“ウワサ(勘違い)に対しての真実を述べた”ものであり、どちらのOSが優れているのかを比較しているわけではありません

パイナポー
ジャガアポー
シナモン

この記事で表記している単語の意味は、以下の通りとなります。

  • パソコン … WindowsまたはOS Xを搭載した個人向けコンピュータ。
  • Windows … Microsoftが開発したOS。
  • PC … Windowsが搭載されたパソコン(当記事では“パソコン”の略称ではない)。
  • OS X … Appleが開発したOS。Macに搭載されているOS。
  • Mac … OS Xを搭載したパソコン。またはOS Xを含んだ総称。

Mac嫌いの人が勘違いしている、Macの真実

1. Macでは右クリックができない

そんなことはありません。
Windowsと同様、OS Xには右クリックの判定が存在します。もちろん、右クリックメニューを表示させることも可能です。

Apple製品には“Keep It Simple”の思想が表れており、できる限りシンプルなハードウェアデザインを採用しています。
Mac向けのマウスである『Magic Mouse』や、ノートパソコン型のMacBookに搭載されているトラックパッドは、それが顕著に表れています。見た目は1ボタンしか存在しないように見えるものの、クリックした箇所で右クリックかを判定します。加えて、iPhoneのようなマルチタッチジェスチャーも利用できます。

シナモン
ジャガアポー

2. デザイン系の仕事は、MacよりWindowsの方が優れている

そんなことはありません。
たまに「前まではWindowsよりもMacの方が、デザイン関係で有利だったが、今はその逆である」という発言を目にしますが、誤解です。

WindowsよりOS Xの方が圧倒的に優れている点として挙げられる部分が、カラーマネジメントシステム(CMS)です。
詳細は割愛しますが、カラーマネジメントシステムは、カメラやスキャナなど、あらゆる入出力装置で入出力される色を変色されることなく変換してくれるもの。
Macは1993年から『ColorSync』と呼ばれるカラーマネジメントシステムを採用しています。一方Windowsは、2007年の『Windows Vista』から『Windows Color System(WCS)』と呼ばれる簡易的なカラーマネジメントシステムを搭載したものの、まだまだ仕事で使えるレベルではありません。

ジャガアポー
パイナポー

3. Macではフルスクリーン表示ができない

できます。
実は2010年にリリースされた『Mac OS X 10.7 Lion』までは、OS Xにはフルスクリーン機能が用意されていませんでした。画面いっぱいにウィンドウを広げたい場合は、ユーザがいちいちウィンドウサイズを画面いっぱいまで広げる必要がありました。
しかし『Lion』から、フルスクリーン機能がサポートされました

このフルスクリーン機能は、ただ単にウィンドウを画面いっぱいまでリサイズするだけではないため、Windowsとは若干異なる仕様になっています。なお2015年リリースの『OS X 10.11 El Capitan』から、『Windows 8』で搭載された『スナップ』機能のように、2つのウィンドウを画面いっぱいに分割して表示することができるようになりました。

シナモン

4. Macでは、Windowsアプリを使うことができない

“使うことができないのか”と言われたら、これに対する答えは“ノー”です。

MacにはOS Xがあらかじめ搭載されていますが、Macの中に複数のOSをインストールすることが可能です。1台のMacに、OS XだけでなくWindowsも搭載させ、再起動して切り替えることができるというものです。この機能は『Boot Camp』と呼ばれており、Appleが公式にサポートしている機能です。

その他にも『VMware』や『Parallels Desktop』などといった仮想デスクトップアプリを使えば、Windowsをウィンドウとして起動できます。『wine』を使用すれば、Windowsライセンスすら不要で、Windowsアプリを起動できます。

ジャガアポー
パイナポー

5. MacはOSバージョンアップのたびに操作性が変わる

これは…完全否定することはできませんが、「Windowsもそうだろ…」と言いたくなったのでエントリー。

WindowsもOS Xも、バージョンアップのたびに何かしら改善されますが、それに伴って変更される部分がUI。ボタンなどの位置や外観は、変更が加えられやすい要素です。
OS Xは、『Mac OS X 10.6 SnowLeopard』から『Mac OS X 10.7 Lion』にかけて、大きな変更が加えられました。『Lion』は、“同社のiPhoneやiPadに搭載されているiOSの機能を、OS Xにも持ってくる”というコンセプトがあったからです。

変更点の1つとして挙げられる部分が、スクロール方向の変更。Macのトラックパッドは指2本を滑らせると、ウィンドウ内コンテンツをスクロールできます。『Lion』より前までは上方向に指を滑らせると上へスクロールしたのに対し、『Lion』以降は上方向にスクロールすると下へスクロールするように変えられました。

この変更点は既存のユーザに混乱を与え、それが悪いようにMac嫌いの人に解釈されてしまった模様。“指を上にすべらせれば、コンテンツは下へスクロールする”という動作は、自然界では当たり前の動作なのですが、やはり受け入れられない人も多かったのも事実。

ただ、Windowsの方が“OSのバージョンアップのたびに操作性が変わる”と言わざるを得ない気がします。ここ最近のWindowsは、良くも悪くもスタートメニューやエクスプローラのUI変更が激しく、『Windows 10』にいたってはコントロールパネルでしか設定できない項目もあれば、『設定』アプリからしか設定できない項目もあって、結構カオスな感じです。

ジャガアポー

Windows嫌いの人が勘違いしている、Windowsの真実

1. WindowsはMacより遅い

起動速度に限って述べるのであれば、それは間違いです。

『高速スタートアップ』と呼ばれるシステムが採用された『Windows 8』から、Windowsの起動速度は見違えるほど早くなりました。SSDを搭載したPCとMacの起動速度を比較すると、PCの方が早く起動します。

ただし、ストレージへの読み書き速度に関しては、Macに軍配が上がるかもしれません。
2013年以降に発売されたMacにはSSDが搭載されていますが、このSSDはPCIeと呼ばれる超高速通信可能な規格で、基板と接続されています。その結果、通常のSSDよりも4倍ほど高速に読み書きが可能となっています。
PCIeで接続されたSSDを搭載するPCもチラホラ見かけるようになりましたが、まだまだ主流とは言えません。2013年以降に発売されたほぼすべてのMacは、PCIe接続対応のSSDを搭載しています。

パイナポー
ジャガアポー

2. WindowsはMacより不安定

「どっちもどっち」と言いたいところではありますが、僕が使用している限りOS Xの方が不安定であると感じています。

2009年にリリースされた『Mac OS X 10.6 Snow Leopard』までは、非常に安定していたOS X。いや、『OS X 10.8 Mountain Lion』までは安定していたかもしれません。
その後リリースされた『OS X 10.9 Mavericks』から(余計な)メモリ管理機能が追加され、『OS X 10.10 Yosemite』ではUIの刷新が施されたのと共に、非常に不安定なOSになりました。

2015年秋に『Yosemite』の後継OS『OS X 10.11 El Capitan』が発表され、安定性や速度面で改善されたものの、以前のOS Xの安定性にはほど遠い完成度でした。

ジャガアポー

一方Windowsは…と言うと、目にすることが多かったブルースクリーン(BSOD)は『Windows Vista』から見かけなくなりました。最新Windowsの場合、Windowsが突然死してしまうことなど、ほとんどありません

3. Windowsはメモリを多く搭載する必要がある

そんなことはありません。
むしろ、メモリ(RAM)をバカ食いするOSは、OS Xです

OS Xのアプリは、もともと多くメモリを消費する設計になっていました。しかし『OS X 10.9 Mavericks』でリニューアルされたメモリ管理方法によって、“メモリの空き容量があれば、あるだけ確保する”という設計になりました。
今ではネットサーフィンを行うだけで、メモリ10GB以上消費するなんてことも…。

『Mavericks』以降で動作するメモリ圧縮機能は、恩恵を体感することがあまりなく、僕にとっては余計なおせっかい機能になっています。

パイナポー

4. Windowsの『Microsoft Office』が使いづらい

これはWindowsに直接関係のあることではありませんが、OS Xで利用できてWindowsで利用できない『iWork』も取り上げてみます。

正直なところ…僕は『iWork』よりも『Microsoft Office(以下、Office)』の方が圧倒的に使いやすく感じます。『Office 2007』以降で採用されているリボンUIも直感的で分かりやすく、欲しい機能は一通り揃っています。

『iWork』はUIこそ洗練されているものの、機能性の面で大きく劣ります。『Pages』は縦書きがいまだにサポートされておらず、『Numbers』はマクロ機能が実装されておらず、『Keynote』は…まあ良いでしょう。
もともと『iWork』の製品は“何でもできる製品ではなく、何か1つに特化した製品を作る”という思想で設計されています。『Numbers』にマクロ機能が搭載されていないのも、これが要因です。

とはいえ、利便性の面で『iWork』はあまり使える製品ではありません。『Keynote』はなぜか絶賛されていますが、正直『PowerPoint』の方が使いやすい気がします…。

ジャガアポー
シナモン

5. Macはウイルスに感染しない、Windowsは感染しやすい

WindowsもOS Xも、デジタルデータである以上、“コンピュータウイルスに絶対感染しない”なんてことはありません。OS Xも、コンピュータウイルスに感染します

よく「Macはウイルスに感染しないから、セキュリティソフトは必要ない」と発言する人もいますが、これは間違いになるわけです。ウイルスに感染する可能性は十分あるため、セキュリティソフトは必要になります。

世界中でどれだけ使われているか(シェア率)によって、ウイルス感染率は変動します。とてもマイナーなOSならば、そんなマイナーなOSを攻撃するためのウイルスを開発しようと思わないでしょう。しかし、WindowsのようなメジャーなOSの場合、Windows向けウイルスを1つ作るだけで、世界中の人が感染する恐れのあるウイルスを作れるということになります。
WindowsはOS Xよりもシェア率が高く、それだけウイルスの標的にされやすいわけです。

しかし最近はMacユーザも増えてきており、OS X向けのウイルスも日々増えているわけですね。

一部誤解を招く表現があったため、訂正しました。

追記:2016年02月17日
あとがき
パイナポー
ジャガアポー
シナモン
パイナポー
シナモン
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
この記事をシェアする
コメント
コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。
774

Magic Trackpadは最高ですね!
デスクトップではwindows使ってますが、ラップトップはmacから変える気ありません

ジャガアポー

 Macのトラックパッドは、昔から変わらずとても優れた入力装置ですよね!クリックもタップだけでなく、カチッと押し込むことができる点も優れた点の1つですね〜。

jun

結局osなんてそのパソコンを買う本人が選ぶ事だからその人なりに惹かれるものがあったのでしょう。それをどっちが上だと批判する事自体おかしいのです!
話は変わりますがMac最近起動遅いですね>

ジャガアポー

 まあOSの価値はサードパーティのアプリと、その人のニーズによって決まりますからね〜。
Macの起動が遅くなったというべきか、Windowsが早くなりすぎたというべきか…。

ゲゲゲのゲスト

今はセキュリティホールの巣窟はFlashってイメージ

ジャガアポー

 以前までOS XはFlashがプリインストールされていることも優れた点の1つでしたが、Flashの脆弱性の多さからプリインストールされなくなりましたね…。
iOSで採用されなかったのも、Flashの危険性とバッテリー消費量からだとか

ゲゲゲのゲストポケモン

激しく共感しました!さすがジャガアポーさんです!

ジャガアポー

 だてにApple信者とWindows大好きっ子やってませんからね〜!

ゲゲゲのゲスト

windows update... 嫌い

ジャガアポー

 Windowsの進化と共にWindows Updateもある程度使いやすく?なってきましたが、やっぱりOS Xに比べて再起動の数が多いですね。

通りすがり

Macは、囲い込みがひどい。筐体を開けてユーザーが部品交換や追加ができない。PCは本来ハードウェアもユーザーに任せるおおらかなところがあったが、“スティーブ”・ジョブズはこれを禁止した。

ジャガアポー

 Apple製品は独自規格や同社製品間の連携が強いことで知られていますね。もちろんデメリットに感じる人はいるかもしれませんが、これはAppleと開発者側にとって大きなメリットでもあります。
ちなみに、もともとコンピュータは、OSとハードウェアはセットで開発されていました。Macはこの方針を、ずっと採用し続けているわけですね。

ゲゲゲのゲスト

トラックパッドよりトラックポイントの方が百倍使いやすいな

iWork + Office、両方使い

Pages経験したら、Wordに戻れないほど使いやすい。使いにくいと周辺に言ってるのはきっと僕です。

ジャガアポー

 『Pages』は日本語機能が弱いところが一番の欠点ですね。

ゲゲゲのゲスト

SSDにPCI-Eが使われているから速いという項ですが
メインストリームじゃ無いだけで、WindowsでもPCI-EのSSDは前から販売されてますし
最近ではmSATAやM.2のSSDも主流になりつつあります
PCI-Eだから速いというのは一概には言えないのでは?

ジャガアポー

 まだPCIeを搭載したWindowsマシンは“普及している”とは言えないため、記事ではそのように記述しています。
なお、2013年以降に販売されたほぼすべてのMacは、PCIe接続されたSSDが採用されています。

ゲゲゲのゲスト

Ubuntuのほうが好きです・・・

ジャガアポー

 Photoshopなどのデザインツールとプログラミングの両方を使う以上、僕はOS X以外選択肢がないのです…。

慣れです

トラックポイントは腱鞘炎になりやすいですね。トラックパッドもですが。また、指先が痛くなってきます。あれは本当にダメなポインティングデバイスだと個人的には思います。
1日かなりの時間使っているとほぼ隔日になります。
一番腱鞘炎になりにくいのはマウスだと思います。それでも同じ動作を繰り返しているとなります。
適度な運動を挟むとか長時間使い過ぎない必要があると思います。

使いようによる。

トラックポイントは感度調節ができるので、うんと軽くすれば多少腱鞘炎になりにくいでしょう。ただ、Macはそのままでもある程度使えるので、わざわざ設定を変更するのが嫌と感じる人もいるでしょうね~

くりゅう

私の場合はMacが嫌いなんじゃ無くて
Appleという企業体が嫌いかな。
自社ハードの囲い込みが酷すぎる気がして。
1つでもApple製品を使うとクリスタルの監獄に閉じ込められるイメージ。

Windowsはいろんな企業のものを組み合わせて使えるイメージ

mirukuma

これは...確かに荒れそうな記事ですね....
私はMac派ですが、Windowsにもいいところはあります。
一つの製品に確執せず、幅広い視野で見ていくことが大切だと思います...
そんなことを気づかせてくれるいい記事でした。

ジャガアポー

 最近のWindowsは、以前のWindowsとは異なり、使い勝手もかなり良くなっていますね!…ただ、若干おかしな方向に進む部分もありますが。

Macは使いやすいと思うけど・・・・な人

自分もappleという企業が好きになれません。

appleの戦略は世界のIT進化を鈍化させてると思っています。
OSXが他のPCにインストールできない時点で独占市場かしてますし、アプリケーションもAppleの審査が必要ではAppleを超える存在を作れない状態になっています。
macユーザーも『appleの用意したものが使いやすい!』って思考停止している人が多くて、自分で使いやすくするためのツールを作る人が少ないイメージがあります。

もっと自由度を持たせて競争社会にする事がITを前進する為の必要なんだと思いますね。
WindowsもLinuxもそうやって進化して今の社会を作ってきたのです。

ジャガアポー

 WindowsもLinuxもそうやって進化してきているのであれば、逆にその中で独占的な世界を創り上げているMacも良いのではないでしょうか。
すべてをオープンにする必要はありませんし、もしそれが劣っているのであれば利用ユーザは減るだけなので。

ゲゲゲのゲスト

マウスに関してはMacは普通の3ボタンマウスも認識しますからね。3ボタン好きな人はそっち使うという選択肢もありですよね。自分もそのパターンですけど(モデリングはTrackPadだとさすがに無理)

ゲゲゲのゲスト

最近ではソフトウェアメーカーの努力によってOS間の差異が少なくなってきているので、ほとんど慣れと好みの問題な気もしますがね…
僕はLinuxが好きです

ゲゲゲのゲスト

Windowsが不安定っていうのはWin9xのせいだよね

と、言いたいところだけどWindows 10の最新ビルドもいろいろひどいありさまだったりする

名無し

ユーザーの声と書くと聞こえが良いですがその実中身はただの素人ですからね。素直にお店の人に聴けば誤解は生まれないのに…。

ゲゲゲのゲスト

ここ20年ほどPCを自作しています。
自分で性能向上を任意に行えるのが楽しくてお金の許す限りつぎ込んでいるのですが、自作となるとWin機以外に選択肢がありません(´・ω・`)
Macもパーツを追加するぐらいはできるのですが魅力に乏しく思えてしまいます…

ジャガアポー

 僕も自作PCを愛用しています。
自分好みの性能や外観(光るファンを導入したりなど)を実現できるのは良い点ではありますが、その点Macはミニマムで美しいハードウェアです。
Macのようなデザイン(SSDをロジックボードに半田付けしなければ成し得ないコンパクトさなど)に惹かれる人もいれば、自作PCならではのごつごつ感に惹かれる人もいるわけですね〜。

ゲゲゲのゲスト

最近はDELLのXPS15とか明らかにmacbookproを意識した機種がwinにも出てきたりと目移りしてしまいますw ソフトにしろハードにしろお互いのいいところを取り入れより完成度の高い道具が世に出続けてくれればいいなぁ。

ゲゲゲのゲスト

Macが嫌いというよりアップル社が気に入らない
ミーハーな人種にばかり製品が売れるもんだから、製品開発に本腰入れないのか、防水無いやら外部メディアが使えないムダに高いスマホばかり売る

MYスタジオ

なんでもいいですがKeynoteは神アプリだと思います!
異論は認めません!!!

ゲゲゲのゲスト

Macがメモリ喰いってのはちょっと違うのでは。モダンOSはだいたい空き容量があればメモリを確保しておくし、実際にカツカツに使い切っていることはまずないので、「空きメモリ容量」的な数値がなくても昔みたいにすぐにスワップして挙動が明らかに遅くなるなんてことは起きないですよ。

ゲゲゲのゲスト

MacのUIに透明感が出てからやたら重くなったように感じる
絶対マテリアルデザインみたいにしたほうがよかったと思う

ゲゲゲのゲスト

>『wine』を使用すれば、Windowsライセンスすら不要で、Windowsアプリを起動できます。

あたかも「wineさえあれば全てのWindowsアプリが問題なく起動する」と言ってるかのように聞こえる。
これは語弊があるので訂正したほうがいい。

以下、Ask Ubuntuより抜粋:
Q:How compatible is Wine with Windows as of today?(今日ワインってどれくらいウィンドウズのソフトと互換性があるんだ?)
A:快適に動作するソフトもあれば、そうでないソフトもある。そのいくつかはパッチやダーティフィックス(ワイントリック)が必要だ。

ソース:
http://askubuntu.com/questions/6156/how-compatible-is-wine-with-windows-as-of-today

ジャガアポー

 記事中に明記してある通り、“絶対使えない”という発言に対して否定するために、そのような表現をしております。
当記事はMacにWindowsをインストールする方法を解説する記事ではないため、詳細を記述しておりません。

ゲゲゲのゲスト

外付けHHDがよく壊された winがいい

にょる

確かにこの記事は荒れそうだ…と思いましたが、けっこう参考になりました。
特にOS自体の安定性は使ってみないと分かりません。
ところでOSのみの安定性だけでなく、サードのハード・ソフト含めた安定性だと、やはりMacの方が優位なのでは?と考えてしまいますがどうなんでしょう。
ハードが画一化されているので、アップデート等に対応しやすいのかなと。winのアップデートは互換性問題に毎回悩まされます。

Macwin

今どっちも目の前にあるとしたら、windowsでしかできないこと以外はmacでするかなー

佐野P

Winユーザーは最初から喧嘩腰でMacの話を聞く気が無い事が無いと思った。
使うソフトに合せて自分が使い易いマシンを選べば良いと思います。

nobkz

荒れそうな記事ですな。
まぁ、osxはわりとiphoneとか使うと便利だなーと思いますね。

ゲゲゲのゲスト

Windowsのスナップは7からですね

ジャガアポー

 当記事で述べている『スナップ』は『Aero Snap』のことではありません。『Aero Snap』は、仰るとおりWindows7から導入されたウィンドウサイズを簡単に変更できる機能ですが、『スナップ』はフルスクリーンアプリを画面分割して表示できるものです。

松花堂弁当

PCの最新機種にはPCIeにNVMe対応の機種も出てきました. Retinaから始まったディスプレイ革新も次はOLED採用など新たなベクトルに向かうかもしれませんね.既に採用が決まったPCもあるそうです.
OSXとWindowsが似通ってきているという意見もありますが, 最近, 両者が明瞭に分かれてきている点はディスプレイをタッチ対応にするか否かの点だと思います. Appleはタッチ操作はiOSに限定するようにOSXと棲み分けをしている感じがします. 今後もMacにはタッチパネルの採用はないと思われます.

nn

どちらもよく使いますし長短あるというだけの認識ですが、
企業の姿勢という意味ではMSの方が僕は嫌いです。
特に書体のデザイン・デザイナーを軽んじてるところがあります。

Helvetica / Universe の劣化コピー Arial の存在や、
名前だけ変えて Palatino のクローンを Office にバンドルしたりと、
制作者を馬鹿にした行為をやってます。
(Palatino は批判が強くなり MS は正式にライセンス契約しました)
書体はデザインの基礎です。
書体を大事にできない企業はデザインへの姿勢も疑ってしまいます。

匿名さん

パイナポーとシナモンが喧嘩してるの久しぶりに見た気がする

さとうさん

いろいろと誤解してる方が多くて私も悲しいです…
ジャガアポーさんはしっかり理解して記事を推敲していらっしゃるので、コメント欄、荒れていないようですね(笑)

ちなみに私はMicrosoft自体があまり好きになれません…。
企業姿勢というか、あまりユーザーのことを尊重していないというか…。(主にプライバシー関連)
まぁこれ以上いうと荒れそうなのでやめておきましょう(笑)

ゲゲゲのゲスト

過去数年必要に迫られてMacを使ったけどその必要がなくなったのでWinへ
いろいろ要因はあるが初代iMacから現在のiPhone、iPadに至るまでApple製品の外観が全く趣味に合わなかった
どっちの長所短所も理解して使えるなら愛着が湧くデザインにカスタマイズしまくれるほうがいいや

ゲゲゲのゲスト

Winでカーソルが砂時計になったりすること最近ではまずないですねそういえば

Macでレインボーカーソルになってにっちもさっちもいかなくなって端末からkillすることは未だに結構ありますけど…

Yuki

うーんMacも触ってみたいなぁ・・・

zoro

PowerPCの頃ほど本体とOSの関連は気にすることもなくなったけど、プライベートではSSDはMavericksまで、Yosemite以降はPCIeでという具合に自然に使い分けらている。ビジネス利用で制限があるユーザーにはiOSとの連携など利用できない機能は『だからどうなの?』っていう感じも少なくないだろうし、それで動作が遅くなったら不満は増すよね。

misskabu

最近macにした感想。
windowsは作業用品。
macはガジェット件インテリア。
これで良くない?
macは見て触って感じて楽しむものだ。
こんなこと言ったら信者に怒られるなw
いやほら、スマホとかってなんとなく触るじゃない?
あれと一緒よ。
windows、なんとなく触らないでしょ?
mac、なんとなく触るわけよ。
そういうことだと思う。

ゲゲゲのゲスト

私もどちらも、もっています。
コンピュータやOS、企業などでなく私の場合はMacユーザーが好きじゃないかも。信者か思考停止の人かのどっちかしかいない感じで。仕事でつかってのは別にして。
まあ単にwindowsのユーザー数が多いからいろんな人がいるように感じるだけなんだろうとは思うけど。
windowsにも信者とかいますしね。
この話に限らず信者と思考停止が苦手なのですけど。

ゲゲゲのゲスト

windowsとmacで一番大きな差があるのってCMSだと思います。
というかそこ以外を考えると個人的にはwindowsの方に軍配が上がる気がしますね。プラグインやら互換性やら…
windowsは起動が遅いって言われてたのも個人的にはSSDとHHDの差も分からないような方が言っていたように感じます。
それにmacと違いwindowsはcpuやグラボ、メモリとか(ほぼ?)すべてのパーツがつけ変えれるわけですし、もちろん互換性はありますが。
セキュリティ面もmacユーザーが増えれば作られるウィルスも増えますしJavaやJSなんかはOS関係なく被害受けますし。
あとmacのスリープ中にメモリ処理してくれるのはとてもいいと思います。
両方の折衷案を作れたら良いと思いますが互換性を求めるwindowsと互換性を犠牲にソフト等の関係を密接にするmacでは相容れないのでしょうか。

ミネア

Windowsの画面をみてると読みにくくて目が疲れてしまいます…。
フォントのせいかと変えたり色々しましたが、行間が狭く、文字がギザギザしているように感じています。一時間ほどが限界で、最低限の作業しかこなせません。
ネットサーフィンするなんてとんでもないです。
文字がぎゅう詰めになっているように見えて息ぐるしい。

同じ感覚の方はいないかな〜。

yuta

読みにくい人はメイリオフォントをお勧めします
文字のギザギザ感はないと思います。
現在のフォントがメイリオだったらごめんなさい

レラーシカニー

自分はWin7と8.1を使っていますが、どちらも優れたOSだと思います。しかしながらWin10だけは好きになれませぬ…(フラットすぎるアイコンとしつこすぎるアップデートの強要etc...)。7のサポートが切れることにはMacに乗り換えたいですね~

ゲゲゲのゲスト

windowsユーザーなんですが、最近デザイン紛いのことをやっているとwindowsのfontインストールに悩まされることが多いですね……。
windowsは使いやすくて良いんですが、いかんせんバージョンアップごとに仕様が変わりすぎる……。
あと、オフィサーはオンラインでも使えるのが魅力的ですよね!

ゲゲゲのゲスト

やっぱLinuxですね。サーバーがLinuxだからデスクトップもLinuxにしよう(錯乱)

マック・ジャガー芋

プライベートはMac、仕事先でもMacかたまにWindowsって感じで、主にMac使っていますが、
自分を含めてほとんどの人はChromebookで充分なんだろうなと思います。
ゲームや例えばad○be触るなら現時点じゃ難しそうですけど。

もうえもん

ジャガアポーさん こんばんは
Apple pencilの記事でコメントしたもうえもんです。
その後、Apple pencilが収まるペンシルケースを知り合いの革職人さんに作ってもらいゴムバンドでSmart Coverに取り付けて使っています。
5年ほど前、写真をとある師匠に習い始めた際、Apple銀座の教室でMacを使わせてもらっているうちに(作戦??)、カラーマネジメントがしっかりしており、ディスプレイと印刷出力のカラーマネジメントのしやすさから、今では家のパソコンは全てMacに(笑)。
色表現の広いAdobeRGB色空間ではなく、sRGBで充分だという写真の師匠のススメもあって、今はimacとmacbookproを使っています。しかし、調光のしやすいスタジオではなく自分の家で使うには、Macの高光沢ディスプレイでなく、MacproかMacminiにノングレアディスプレイを組み合わせたほうが、目が疲れず、より印刷イメージに近い仕上がりになるのかなと少しばかり後悔しています。(カラーマッチングツールを使って、ICCプロファイルを作成し、ディスプレイ表示と印刷出力をできる限り、近づけていますがimacやmacbookpeoのディスプレイ出力はそれでも少し明るく派手に見えます)

少しばかり話は変わりますが。。。
老眼が進みつつあることもあって(悲)、Webブラウザでの表示拡大縮小機能は欠かせません。WindowsではControlキーを押しながらマウスの上下スクロールで簡単にこの機能が働きますが、MacでSafariを用い、Windowsと同じ感覚でMagic mouseを用いcommandキーを押しながらマウスの上下スクロールしても同じことが出来ないというのは、ちょっとなぁ・・・とずーっと思っています。画面全体の拡大はcotrolキーを押しながら上下スクロールで出来ますが、Web表示だけ拡大することはどうしても出来ません。Appleの直営店でお兄さん方に聞いてみても、他にはキーボードショートカット(commandキーを押しながら+キーを押す)のほか、どうやら対策は無いようなので、仕方なくMacでWebを見る際はこの機能が使えるfirefoxを使っています。私としては、Safariでのマウスとキーを使用したwebの拡大縮小機能のみ対応してくれればMacは完璧です(笑)

ジャガアポー

 こんばんは!
おお、革職人さんによるオーダーメイドですか!うらやましいです!

 たしかにキーを押しながらスクロールで、Webページを拡大することはできませんねえ…。Appleは、何らかのキーを押しながらマウス操作をすることは最小限に留めておきたく、拡大縮小などといった主要機能はマルチタッチで直感的に扱えるように意図しているのだと思います。そのため『Magic Mouse』や『Magic Trackpad』シリーズなどでもピンチイン・アウト(またはダブルタップ)でページの拡大ができるようになっています。
僕は老眼ではありませんが、ネットサーフィンをするときはページを拡大して読むクセがついてしまって…(汗)。その際は Ctrl とスクロールを組み合わせた画面拡大を用いています。この操作、地味に便利なんですよね(笑)

ゲゲゲのゲスト

>MacでSafariを用い、Windowsと同じ感覚でMagic mouseを用いcommandキーを押しながらマウスの上下スクロールしても同じことが出来ないというのは、ちょっとなぁ・・・とずーっと思っています。
magic mouseをお使いでしたら、設定でダブルタップで拡大する機能があります。

もうえもん

ゲストさん ありがとうございます。
おっしゃられている機能は使ってみたのですが固定倍率にドンと大きくなって、また元に戻るものだったので、私には少し使いにくいものでした。私はWindowsからのMac移行組で、WindowsでCtrl+マウスの上下スクロールがwebブラウザでの自由拡大縮小機能ですので、この機能が標準ブラウザのsafariに無いというのが不思議でなりません。
私は表示の拡大縮小を多用するので・・・・
表示拡大縮小系でのキーと上下スクロールのショートカットの蛇足を...
○MacアプリのPages,Numbers,Keynoteの拡大縮小は
→option+command+上下スクロール
●MSoffice(Mac版)のWord,Excel,Powerpointの拡大縮小は
→option+cotrol+上下スクロール
ここらも統一してもらえないかなぁと思っています。

※おまけ
マップでoption+上下スクロールで地図の鳥瞰角度の変更
    option+左右スクロールで地図の回転
    shift+上下スクロールで地図の拡大縮小

なんで safariは 拡大縮小できないんでしょうか(悲)

ゲゲゲのゲスト

非常に細かい話ですが、macだとフォーカスがなくてもマウスでスクロール出来るのにWindowsだといちいちクリックしてフォーカスを移動させなければならないのが地味に使いづらいです。
OSの不安定さは、どちらもクラッシュするときはするのでどちらが劣ってるというのは置いておいて、OSの再インストールのしやすさはmacの利点だと思います。再インストール用のCDやらプロダクトコードやら見つからずに有料でメーカーから購入して...というのはうんざりしました(よくあるPCの調子が悪いから見に来て系)。

ジャガアポー

 非アクティブウィンドウでスクロールできる点はOS Xで優れている点の1つだったのですが、最新の『Windows 10』ではそれが可能になっています。
『Windows 10』は、地味にかゆい部分にも手が届くようになっているんですね〜。

ゲゲゲのゲスト

どちらが優れてるかは用途によりけりなので明言できないですが、仮に片方だけしか使えない状況でどちらか選べと言われたらMacを選びますね。

ジャガアポー

 デザインとエンジニアリングを行う僕としては、『Photoshop』などといったAdobe系ソフトが扱えてUNIX環境を構築しやすいMac一択です!

ゲゲゲのゲスト

macの好きなところは標準で便利なところ!
マウスカーソル振ったら大きくなるのは自分で拡張して入れようとは思わないけど、入ってると結構便利。

ゲゲゲのゲスト

意外と、Windowsノート機ってバッテリー公称時間からマイナス2~4時間が普通にあるから、どうしても電池の持ちやすいMac(のOSX)を使っています。昔のOSXの方が電池がもったとかいう人もそれなりにいるようですが、最新のEl Capitanですら電池は長持ちします。
普通にブラウジング8時間とか公称したノートがあっても、Windowsノート機だと頑張って5~6時間、でもMacbook Airだと10時間耐久したりしますから....

新品のWindowsノート機でも変わらず、これは何故なのでしょうか...?(OSXの電力制御がマトモなのか何なのか)

でも、Windowsは電池持ちを除いてはそれなりに使える(これまでのソフトウェア資産)し、デスクトップなら電池など気にならないので、結局BootCampを自宅で電源に接続しながらやるんですけどね....

Hisui

Windows,Mac両方のネイティブアプリ開発者です。

起動の速さや稼働率については、同ハードウェアで検証しないとどちらが優れているかは言えないと思いますので、あくまでその人の主観で良いと思います。私の環境だとWinは起動に5秒弱。Macは1分くらいかかります。
※Macそろそろ変えねば…と思っていますが…。

また、UIや使いやすさについても、慣れ不慣れでだいぶ意見が変わり、結局は好みの問題なのでこれも不毛な比較です。私はコマンド操作だとMacが好きで、GUI操作だとWinの方が直観的に解りやすいと感じています。

WinのUIは確かに7~8に掛けて劇的に変わりましたが、内部のAPIについてはそれほど多くを変更していない為、開発者に対してはMACよりもだいぶ優しい印象を私は持っています。もちろん、開発者でもWEB系かネイティブ系か、組込系かで意見は割れると思いますが。。。私の場合、業務システムを作る場合は絶対Winですかね。WEB系のときはMacを使うことが多いかもしれません。

Win好き、Mac好きによる双方の誤解もたくさんあるのでしょうが、結局は自分が使いやすいかどうかだと思いますので、比較はあまり無意味な気がします。
日産の軽自動車とトヨタの軽自動車、どちらが良いかっていうのと対して変わりません。

それにしても、AppleにはWinにMacをインストールできるように許可して欲しいなぁ。逆は許されているのに…。技術的には出来てもライセンス的にNGっていうのはなんだかフェアじゃない気がします。

WinはOS屋、MACはOS込のPCメーカー、一長一短。

ゲゲゲのゲスト

MACは自社ラインナップ内での相互依存にしてるんだね、1台有ればあらかた間に合うんじゃなくて、母艦から周辺機器から増えてゆくように見える

ゲゲゲのゲスト

MSはソフト屋なのでOSが売れるようになる分、基本的にはメリットが大きいですが
Appleはハードもやってるので自社以外にOSを解放するのはデメリットもあるため
ライセンス的にNGなのがアンフェアというのこそフェアじゃないと思います。

自作パソコンでMacが使えたら…っていうロマンはとても分かりますけど、以前Mac互換機で失敗したAppleはやらないんじゃないかなーと。

げげげ

わかる気がしますわー、その悶々とした気持ち。私、MacもWinもそれぞれ善し悪し向き不向きがあるので仕事で両方必要として、15年くらい併用して、今はMacBookPro上のParallelsにWinという普通のことをしています。これが「変態」ではなく「普通」だということが、どちらかしか使っていない人にはわからんのですなー、とついつぶやかせていただきました。良ブログにつき今後も読ませていただきます〜

ゲゲゲのゲスト

macもwinも改悪することが多すぎる。
iphoneにしてもPCにしてもそう。

ゲゲゲのゲスト

写真・図表を大量に扱うスライドを作る研究者としてはKeynoteサマサマですね   
狙ったところにピタッと配置できる快適性は代えがたいです

RX

mac windowsともにつかっていますが、どちらも短所、長所がありますよね。
macは、ゲームに使えるようなグラボを積んでないし(グラボを積んでいてもコスパが悪いし)、windowsでは、フォントが汚いですしね。どうにかならないのかな・・・

macとwin、どっちも長短あるからどっちが優れているとか本当に不毛だなと昔から思ってました。必要な方、気に入った方を使え!って感じのスタンスです。
かくいう私は愛用したwin機故障のため、初macに移行しました。
これはこれでアリだな、という感想です。

kazuakat

パソコン、スマホ、ノートパッド、テレビは全て連動する方が便利です。その点でアップルが抜きん出ています。iPhone、iPadを使っているなら、パソコンもMacがオススメ。中でもMacBookAirが全てのデバイスの中で最も使いやすいです。私は、自宅ではMacBookAirを最も良く使っています。

CGが趣味の白

「2. デザイン系の仕事は、MacよりWindowsの方が優れている」に対してNoという答えのように捉えやすいのですが、「どちらとも言えない」というような解答が好ましく思えます、一目見ただけでは「Macのほうがデザインがいいんだな」と思います。
確かにフォトショの連携や色合いの管理を考えると、Macの優位性が高いかと思いますが、3DCGがMacは非常に弱く思います。
Blenderとメタセコイアしか触っていないアマチュアなので、深くはいえませんが、Macは
1.レンダラーに限界がある。
MacProなんかではグラボを積んでいたりしますが、AMDでnVidia社のCUDAが使えず、高速なレンダラーが使用できなかったり、不安定だったりする。
また、CPUに関してはお世辞にも性能がいいとはいえないです。
Macのコスパが悪いのは置いておいたとしても、CPUの最大が12スレッドのxeonは高負荷なものをする人には向きません、その場合サーバを使えとなりますが。
2.Macに対応していないソフトウェアがある。
上記ではBootCampを使えとのことですが、如何せん情報の行き来がある上に、同時で処理を行うことがあります。
いちいちOSの起動していてはめんどくさいです。
業界で有名なものといえば、3dsMaxやSoftimage、MotionBuilder。
個人利用ではMMDなんかですね。
3.対応していない機能がある。
1と少しかぶりますが、標準で使用できるレンダラーが使用できない。ビューでDirectXが使えないので、遅い。と言うのがあったりします。

Macをボロクソに言った気がするのでフォローを入れておくと、Macと相性の良い3DCGソフトとしてC4Dがあります。
また、pixarではMacProで作成しているようです、1のレンダリングに関してはサーバに放り投げですが。

ゲゲゲのゲスト

そもそもMac対Windowsという比較の仕方がおかしい。パソコンを選定するときそんな比較はしない筈。

ゲゲゲのゲスト

僕もmacとwindows両方使用していますが、macの優れていると感じる点は、キーボードの「かな」「英数」キーです。とても使いやすいです。

かぴかぴあんころもち

10.6.8をお金の都合で使い続けてますがなんか「う、う〜ん…」となりました。
まあ21日くらいにwin自作しますが。

北浜

ノートならMac、デスクトップならWindows自作が優位という印象

ゲゲゲのゲスト

個人的にMacの良さはBetterTouchTool
仕事でWinも使うけど、Win用のBTTがないのが不便
開発はどっちのOSでもできるけど若干Macのほうが楽かな

ゲゲゲのゲスト

音は話題にならないのかな。
WINのサウンドカーネル(ピークリミッターの件)とか、WINが嫌になる要因である気もするのですが。

ゲゲゲのゲスト

なんか当たり前のことしか書いてなかった...

ゲゲゲのゲスト

アップル製品はリンゴマークのためにお高いからなぁ~

ははは

それ分かります 何せ瀬戸弘司というユーチューバーが買ったMac Pro何て132万もしたんですよ!

ゲゲゲのゲスト

WinとMacはパソコンの2大勢力ってだけで
別に二項対立でどっちか選べという問題ではないんだけど
いつまで経っても分からない人がいるんだよね
なんか多数派or少数派でいたいという心理的な話にすぎんよ

ゲゲゲのゲスト

対立してる場合じゃない
今一番の脅威はGoogleだと思う

2157

自分の使いたいソフトが動けば正直osは関係ない気がする

まっするり〜

やっぱりまず冷静に物事を考えて全てを知った上でパソコンは決めたほうがいいと私は思う。

mako

ウン使い勝手で個々に選べばよいよね。

仕事バリに絵を描くならmac、ゲームするならwindows
たぶんどちらの比率がプライベートで多いかで、ほとんどの場合UI周りの使い勝手は慣れたOSに軍配が挙がりますよ。

--
インテリアとしてmacを選んでる層(絵も描かずゲームしかしないのにmacにわざわざwindowsを入れた上でdisってる人)は放っておきます。

まり

リアルなOSシェアは、WIN90% MAC7.8% Linux1.8。
今は世界中の人が便利なソフト・素材を作ってくれるけど、
MAC用作ってる人少なくない?3D作る時も、WIN用は腐るほどあるけどMACは限られてた。 まずシェアが少なすぎ。
絵も描いてたけどWINで困った事無い。フォトショ・イラレ・何でも動くし。
MACはカラーマネジメントが得意ってなってるけど、それ、フォトショでできるやつ・・・?? MACで絵を描いても、90%のパソコンはWINなんだからWIN表示だよ。印刷する時、設定がちょいと楽ってレベルじゃないの??
まずMAC、wordも使えないって、まず仕事する時話にならないじゃん…

コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。
コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。