【賛成?反対?】スマートウォッチは先進国で普及していく

52 コメント
この記事は『Flambe』と呼ばれる、ユーザ投票型記事です。

「普及しない」とよく聞くスマートウォッチは、普及すると思います。あなたは賛成ですか?

パイナポー
ジャガアポー
シナモン

スマートウォッチとは

smartwatch-grow-popular-google-glass

去年から話題にあがっている“ウェアラブルデバイス”。スマートフォンは“手で持つ”電子機器なのに対し、ウェアラブルデバイスは“身に付ける”電子機器のことを指します。以前からインターネット上で話題になっていたのは、Googleによるウェアラブルデバイス『Google Glass(グーグル・グラス)』です。『Google Glass』はメガネ型のウェアラブルデバイスで、レンズ上に様々な情報を映し出すことができる近未来的なアイテム。まだ正式な発売は行われていませんが、本格的な開発は進んでいる模様。

パイナポー
シナモン
パイナポー

『Google Glass』のようなメガネ型のウェアラブルデバイスは、Googleを含め、一部のメーカーで開発が進められています。それに対し、多くのメーカーで開発が進められているものとして挙げられるのが、腕時計型のウェアラブルデバイスです。従来の腕時計に変わる“賢い”電子機器なので、“スマートウォッチ”なんて呼ばれています。

smartwatch-grow-popular-moto-360
Motorola社によるスマートウォッチ『Moto 360』。

「スマートウォッチで何ができるのか」と疑問に思う人は多いわけですが、各社の設計思想や機能によって、何ができるのかは異なります。あらゆるスマートウォッチで共通している機能を挙げると、以下のとおり。

  • 現在時刻の表示
  • スマートフォンの補助的な機能(通話、メールなど)
  • 現在位置や周辺地図の表示
  • フィットネス機能(万歩計や消費カロリー計算など)

これはあくまで僕の考えではありますが、スマートウォッチの一番の目的は“いかにスマートフォンを取り出すことなくスマートフォンの機能を腕時計で利用できるか”にあると思っています。上に挙げた機能はどれもスマートフォンで利用できる機能で、この機能欲しさにスマートウォッチを購入する人は少ないでしょう。

そんなことから、多くの人からは「スマートウォッチは必要ない」と考えられており、「スマートウォッチは流行らないのではないか」なんて言われています。しかし僕はスマートウォッチは流行ると考えています。

パイナポー
ジャガアポー

スマートフォン市場を作り上げたiPhone

smartwatch-grow-popular-iphone-2g

今のスマートフォン市場を作り上げたと言っても過言ではないAppleのiPhone。初代iPhoneが販売されたのは2007年ですが、それ以前よりスマートフォンは存在していました。

2008年に販売された『iPhone 3G』を「初代iPhoneである」と思っている人は多く、それは誤りです。初代iPhoneである『iPhone』は、2007年にアメリカのみで販売されました。
初代iPhoneである『iPhone』と、iPhoneシリーズすべてを指す“iPhone”を区別するために、初代iPhoneを『iPhone 2G』と呼ぶことがあります。初代iPhoneは、3G回線を用いた通信に対応していないことが由来です。
smartwatch-grow-popular-old-smartphone

iPhoneが登場するまでのスマートフォンは、どれも物理的なキーボードを搭載しており、まさに“パソコンを極端に小さくしたデバイス”とも言えるでしょう。故スティーブ・ジョブズによる初代iPhoneの発表会では、当時のスマートフォンの形状や機能性について批判しています。

ジャガアポー

当時のスマートフォンとしては異例の大型である3.5インチの液晶を搭載、物理キーボードを撤廃しタッチパネルによる操作を採用、そして任天堂の『DS』などに採用されていた感圧式のタッチパネルではなくコストの高い静電容量式のタッチパネルを採用するなど、iPhoneは従来のスマートフォンの常識を覆すデバイスとなりました。

iPhoneが発表されてから、ほとんどのスマートフォンはiPhoneのようなタッチデバイスとなり、今では、これが“当たり前”になりました。「SamsungがAppleのスマートフォンの形状を模倣した」として裁判が行われた際に、Apple側が「iPhoneを発表してから、SamsungのスマートフォンはiPhoneに近い形状になった」と発言したのは、強く記憶に残っています。

『Apple Watch』は流行らない?

smartwatch-grow-popular-apple-watch

そんな“今では当たり前のスマートフォン”を作り上げたAppleによるスマートウォッチ『Apple Watch』が、今年の上旬(噂では春あたり)に発売されるようです。一見すると「iPhoneが流行っているんだから、『Apple Watch』も流行るんじゃないの」と思うかもしれませんが、iPhoneと『Apple Watch』には、デバイスの種類や形状ではない他の部分で、大きな違いがあります

それは“新しい市場かどうか”。
iPhoneが販売される前は、タッチパネルを全面的に採用したスマートフォンは存在しておらず、その新しさから注目を浴び、PCに詳しくない人も目を引くものがありました。“まったく新しいデバイス”をウリにした販売は大いに成功したわけです。
しかし『Apple Watch』ではそうもいきません。なぜならば、既に他社からスマートウォッチはいくつか販売されており、『Apple Watch』は世界で初めて販売されたスマートウォッチではないからです。

シナモン
パイナポー

スマートウォッチの普及は『Apple Watch』が引き金になる

smartwatch-grow-popular-apple-watch-example

それでも、僕は『Apple Watch』によってスマートウォッチは普及すると思っています。
Appleのブランド力は想像以上に高く、「りんごマークが入っているだけでバカ売れする」という皮肉の言葉を目にするほど、Apple製品には一定のブランドが付加されています。「Apple製品だから買おう」と思う人は、少なからずいるはずです。

僕のようなApple信者は、まず『Apple Watch』を買います。都市部に存在するAppleの直営店 Apple Store には、『Apple Watch』を購入するために人が集まり、行列沙汰になるでしょう。行列ができるとなると、マスコミのネタにもなります。テレビでは『Apple Watch』について取り上げられ、『Apple Watch』を知らなかった人は、その存在を知ることになるでしょう。

日本人は、“みんなが持っているから自分も持つ”という行動をしがちで、iPhoneが流行った理由の1つでもあります。iPhoneがここまで流行っている国は日本くらいです。

最初は少数の人しか『Apple Watch』を買わないかもしれません。しかしそれは、散々「売れない」と言われたiPadでも同じでした。“友達が持っているから、自分もほしい”という行動が積み重なれば、『Apple Watch』は流行りのアイテムになるでしょう。
そして『Apple Watch』がある程度流行ったら、消費者は“『Apple Watch』以外にも選択肢はある”ことに気付きます。ここで、Apple以外のスマートウォッチを購入する人も増え、結果的にスマートウォッチは普及すると考えられます。

従来の腕時計と“代わる”ものにはならない

スマートフォンは従来の携帯電話、いわゆるガラケーを食ってしまいました。それなりの理由があってガラケーを選ぶ人は多少なりともいるものの、これといった理由もなく携帯電話を契約する人のほとんどはスマートフォンでしょう。スマートフォンはガラケーの“代わり”にもなったと言えます。

では、スマートウォッチは従来の腕時計に代わるデバイスになるかというと、「代わりにはならない」と僕は思います

多くの腕時計には、老舗ならではのブランドがある

smartwatch-grow-popular-grand-seiko
セイコーウオッチ株式会社のグランドセイコー

セイコーやロレックスなどの高級な腕時計には、ただ“高級”というだけではない、“老舗”というブランドが付加されています。Appleは、自社のブランド力を活かした、そして更に活かすための販売戦略を『Apple Watch』で図っていますが、長年腕時計を取り扱ってきた企業には勝てないことは明らか。

そもそもスマートウォッチは一般庶民を対象とした製品なので、高級時計と比較できる製品ではありません。しかし、『Apple Watch』の一部のモデルは高級時計と同じくらい高価になることがリークされており、高級時計として販売しようと図っていることが分かります。『Apple Watch』に限らず、他のメーカーも高級志向のスマートウォッチをリリースするかもしれません。

結局、高級なスマートウォッチで高級感を漂わせられるのは、ガワだけです。どれだけ高品質な液晶を搭載させても、液晶ディスプレイの構造は、どれも大差ないので、スマートウォッチで高級感を出すための差別化要素はほとんどないのです。

腕時計のメーカーは今までどおりインデックスや針、文字盤などのメカニカルなデザインの良さを重視し、スマートウォッチのメーカーは機能性を重視する方向へ向かっていくことでしょう。

フォーマルな場面では従来の腕時計を、それ以外ではスマートウォッチが使われるようになる

ここからは僕の予想に過ぎませんが、就職活動や葬式など、スーツを着用するようなフォーマルな場面では従来の腕時計を装着するのが“マナー”になると思います。
スマートウォッチはあくまで、カジュアルに決めるためのファッションやスポーツ用として使われるのではないかな、と。

まとめ:なんやかんや言って、2年くらいすれば普及する

というわけで、まとめです。

  • 『Apple Watch』が成功するかは不明だが、Apple信者によって大失敗することはない
  • 『Apple Watch』が信者の間で流行ると、テレビのネタになり、スマートウォッチの存在を多くの人が知ることになる
  • スマートウォッチは最初から爆発的に売れるわけではなく、徐々に普及していく
  • 場面にあわせて、従来の腕時計と併用するライフスタイルが築かれる
  • 『Apple Watch』を買いまぁす!

以上が僕の考えです。
皆さんは「スマートウォッチは普及する」と思いますか?

あとがき
シナモン
パイナポー
ジャガアポー
パイナポー
ジャガアポー
パイナポー
ジャガアポー
シナモン
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
あなたはどっち?
この記事をすべて読んだ上で、投票をお願いします。
投票済み
「普及しない」とよく聞くスマートウォッチは、普及すると思います。あなたは賛成ですか?
317
207
317
207
この記事をシェアする
コメント
コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。
Pちゃん

AppleWatch1つで電話、テザリングが出来るようになったらiPodTouchと組み合わせて最高のガジェットライフが送れる気がするので

電話・テザリングが出来るようになったら流行します(ぼくの中で

ジャガアポー

 今の『Apple Watch』は“完全に独立したデバイス”を謳っているものの、iPhoneがなければ多くの機能を利用できませんからね…。

 Pちゃん氏のコメントでハッとなりましたが、たしかに『Apple Watch』単体で通話機能やテザリング機能が利用できたら、『Apple Watch』+iPodや『Apple Watch』+iPadなんていう使い方もできますね!
スマートウォッチがスマートフォンを食う時代も…来ないとは限らなさそうです(笑)

caza

僕もApple Watchが出たら購入すると思います。今の所ギークの間でしたウェアラブルば流行ってないですよね…
それをAppleが変えてくれるのは確実だと!
ネックはバッテリーですねウェアラブルデバイスはいかに自然に身につけられるかだと思いました。

何にせよ発売が楽しみです

ジャガアポー

 そうなんですよね〜、スマートウォッチはギークの間のアイテムでしかないです。そういう僕も持っていません…(汗)

 仰るとおり、バッテリーが一番のネックですね。『Apple Watch』も毎晩充電する必要があるみたいなので、「購入したけど充電が面倒くさすぎて使わなくなった」なんてこともありそう…。
ガラケーに比べるとスマートフォンのバッテリーははるかに持ちませんが、今のスマートフォンの普及率を考えると、充電の面倒臭さ以上のメリットがスマートフォンにあるということ。果たしてスマートウォッチは、この充電の面倒臭さを考慮してでも、使いたくなると思う製品になるのでしょうか。

☆ひぃろ☆

アメリカで行われた調査では買わない人がダントツでしたねぇ。最初だけだと思いますが。
いくらブランドと認められているとは言えAppleの出す値段で今後が左右される気がします。高いと他のメーカーに移る可能性もありますしね。
自分は時計には拘るのでデジタルであるApple Watchは買いません!(キッパリ)アナログオンリーでござる。
新機能flambeの投票は面白いですね。今の所互角かな?見ていて非常に面白い。

ジャガアポー

 まぁやっぱり、どんな分野の製品も最初から爆発的に売れるわけではありません。問題は、徐々に売れていくかどうか、ですね。
オモチャとして考えると、『Apple Watch』は割高ですよね〜。日本では中高生の所有率が流行を大きく左右しそうなので、中高生向けの価格帯を用意すべきではないか…なんて。iPhoneも8万円以上する高価な製品ですが、Softbankやauのようなキャリアと契約する場合は、本体価格が分割されるので、高価な製品でないと麻痺しちゃいますから。

 僕も最近腕時計を買いましたが、メカニカルならではの格好良さがあります!スマートウォッチも、デジタルならではの格好良さがあることを期待しています(笑)

ゲゲゲのゲスト

ただの「腕時計」「メガネ」ではなくなんらかの付加価値を、というのは思いますけどね。
万歩計からのカロリー消費表示したりカロッツェリアのサイバーナビのように実際の風景に画像を重ね合わせてナビゲートしてみたり、結構素敵だと思います。
自分の腕時計は車のスマートキーを兼ねているのでつけてさえいればキーレスでエンジンをかけることが出来ます。
生体認証や通信機能と組み合わせて財布やパスケースを持たずにデバイスだけで外出できるようになったらいいなと思います。
普及率と認知度に依るんでしょうけどね。
メガネ形は欲しいけど度の入ったのもできるかなぁ…w(超ド近眼)

ジャガアポー

 スマートキーを兼ねた腕時計、すごく便利そう!
Appleの『iPhone 6』の発表と同時に、iPhoneで決済できる『Apple Pay』が発表されたので、『Apple Watch』でも『Apple Pay』を利用できる可能性は高そうです。日本では『Apple Pay』は全く普及していませんが…。
 『Apple Watch』での実現は難しそうですが、他社のスマートウォッチで『Suica』を利用できるようになったら、一気に普及する気がします。カードやスマートフォンを取り出すことなく、腕時計で改札を通ることができたら…そりゃもう便利でしょうね(笑)

 あとあと『Google Glass』は、度を入れることもできるようですよ!開発版の『Google Glass』はつい先日販売終了してしまいましたが…。

ゲゲゲのゲスト

時計をしてるセグメントが、低価格高機能のスマートウオッチと高級時計の二極化する未来しか描けません。スマートウオッチが普及しないストーリーの方が難しいのでは?

ジャガアポー

 僕の考えだと、圧倒的多数で“普及しない”という人が多いと予想していたのですが…、意外と皆さん肯定的ですね(汗)
スマートフォンが普及していなかった時代を思い出すように、「スマートウォッチのあんなデザインを腕に取り付けるなんてダサい」という声をよく聞きます。僕の周りだけですかね…?

hodakawhite

Apple Watchが発売されたら必ず買います!(お金があれば汗)
大画面化されたiPhoneの素晴らしい相棒になると僕は信じています!

ジャガアポー

 信者として、僕も買いますヨー!
iPhoneの液晶サイズが大きくなったことで、より『Apple Watch』との使い分けが明確になりそうですね。
Apple製品とは言えども、まったく新しい分野のデバイスなので常用できるか不安ではありますが、それと同時に期待しています(笑)

パタ

画面が大きい派の僕にとって、1.5 インチは小さすぎです。

せめて、スマート腹巻き位の大きさにして欲しいです。。。

しかし、モバイル決済機能や家電を操作できるのは便利かもしれませんね!

ジャガアポー

 うーん、どうなんでしょう。たしかに1.5という数字を見る限り大きく感じませんが、腕時計としては適切な大きさだと僕は思います。
やっぱり実際に装着しないと分からないんじゃないかな。
 スマートウォッチという名前の通り、スマートデバイスですからね!今じゃ、スマートフォンからドアの鍵を解除するスマートロックも登場しているので、将来的に腕時計でありとあらゆる鍵を解除することができるようになるかも…!

ゲゲゲのゲスト

Googlegrassもそうですが自分はまだこの分野は早すぎる気がします
少なくても5年の歳月はかかる気がします

ジャガアポー

 5年ですか…、結構長いですね〜。
あまり充電しなくても良い腕時計として使える、そんなスマートウォッチが登場するまでの期間と見れば、妥当な数字だと思います。
 『Google Glass』は確かに早すぎる気がしますが、「2012年あたりでスマートウォッチを登場させても良かったんじゃないか」と思うほど、スマートウォッチの登場は遅いと僕は感じました!

ゲゲゲのゲスト

現時点の機能では、割高すぎる値段には見合ってないと思いますが、数年の間に様々な機能が増え、おそらくsimが刺さったりもするでしょう。
もし、Apple Payが世界的に普及し、クレジットカードの代わりにApple WatchとTouch IDで決済できたら面白いかもしれませんね。

ジャガアポー

 『Apple Watch』は異様に高価設定ですからねー。『iWatch』ではなく『Apple Watch』という名称にしたのも、価格も高くしたのも、すべては自社ブランド力の強化のためだと、僕は思っています。

 ところで『Apple Watch』で『Apple Pay』を利用できるとなれば、『Touch ID』のような認証機能は、あの小さな本体のどこに搭載させるのでしょう?腕の指紋…ウデモン?で個人個人を判別できるようになるのかな…。

おでお20

僕は賛否つけられないですね。。。
まずジョブズだったらこの手の製品でとどまったかということ。
いつも予想の斜め上を行くジョブズならきっと
他のメーカーにすでにあるようなものではなくもっと奇抜なものに走りそうです。
有機ELなんかを取り入れたり。それこそ人間が生まれてから持っている
最高のデバイスのゆびを使ったようなものを作りそうです。
ですが普通のスマウォより大きいサイズの画面をあえてとりいれたのは、
ニーズでわけられるということなのでここはいいかと。
時計はよく大きいのは懸念されることが多いので。

ジャガアポー

 故ジョブズ氏は“全く新しいものを作る”というよりも、“既存の技術をうまく組み合わせ、市場を拡大する”ことに長けていたと思います。ただ『Apple Watch』は完全に後追いになってしまいましたね。
でも、Appleの強みはiPhoneがあることです。iPhoneと『Apple Watch』の連携機能は、他のメーカーには決してできないことの1つですよ♪

山本容器

僕は買う予定はないですね
腕時計としては情報量が多すぎますしタスク妨害になりそうで、、、

ジャガアポー

 高機能ゆえの不便さ、ですか。
「時計に時計以外の機能はいらない!」という人も少なからずいそうです。

ゲゲゲのゲスト

結局買うんだろうな…デザインで価格がわかるようになったら恥ずかしいな

ジャガアポー

 たしかに今のアナログ腕時計は、よほど腕時計に詳しい人でない限り、デザインで腕時計の価格は分かりませんからね。
『Apple Watch』はいくつかのバックルやベルトが用意されているので、人とかぶるような組み合わせになることは少ないと思いますが、その見た目から「『Apple Watch』である」ということはひと目で分かってしまいます。これがメリットとなるか、デメリットとなるかは、Appleのブランド次第ですかね。

Yuki

スマートウォッチのデザインは好きですが、歩きスマホみたいなのが頻繁化しそうなので個人的にはあまり普及しないで欲しいですね。

ジャガアポー

 あー、たしかに…。
歩きスマウォが流行ってしまうと大変なことになりそう…。歩きスマウォを防ぐために、あえて高機能化させないという対策もありそうです。

レラーシカニー

僕は普及して欲しい派ですが、
あまり高機能ではなく、タイマーや健康管理、時計、マップが
使えれば良いと思います

ジャガアポー

 シンプル派ですか!
余計な機能を搭載させれば搭載させるほどバッテリー持ちも悪くなりそうなイメージがあります。バッテリーが悪くなるくらいなら、シンプルな方が良いですよね。
まぁ…従来の腕時計との差別化をどうするかが問題になりますが…。

ゆう

いままでのAppleは携帯をiPhoneという形で、料金の払い方をApple payとして再定義してるからある意味このApple Watchって再定義しているのかなーなんて考え方をしてます。(すごいヘンテコ解釈ですけど)
スマートウォッチだけで見ると、なんか今まで全く紙で本という形で捻出されていたコンテンツ、読書を電子書籍という形でデジタル化しようとして結局シェアが二分してる感じのメディアコンテンツの一種であると僕は考えています。アナログでもデジタルでも、腕時計をするということは同じなものの、必要としているユーザー自体がデジタルを受け入れられる人間が幾らいるかがスマートウォッチの繁栄に繋がるんですよね。
スマートウォッチは流行ってほしいものの、あくまで時計の「一つのあり方」であってほしいなとぼくは思います。

途中文はかなり熱入りすぎて何書いてるのかわからなかったらすみませんです。

ジャガアポー

 正直なところ、僕には“スマートフォンではなく、ガラケーならではの良さ”が分かりませんが、アナログ腕時計の良さは、僕も含め、多くの人が分かっていることでしょう。
今の時代にガラケーを使っていると「まだスマートフォンにしないの?」や「スマートフォンに乗り換えたら?」なんて言われる場面が多いと思いますが、スマートウォッチが普及したとしても、アナログ腕時計を身につけている人に向かって「スマートウォッチにしたら?」なんていう人はいないのでは。

 そう想像すると、やっぱりスマートウォッチはアナログ腕時計を食う存在ではありませんね。仰るとおり、腕時計の“新たな選択肢”として普及してほしいものです。

ヒロ

Apple製品は大好きですが
うーん…こればかりはどうでしょう、確かにiPhoneが初めて世に出た時は流行るわけがないと言われていましたが今では、どこもかしこもiPhone
ですからApplewatchも分かりませんが…
問題は「値段」と「バッテリ持ち」と「何が出来るか何が便利になるのか」ですが
現時点ではまだ不透明なことも多いのでヒットするとは一概には言いきれません
でも…iPod touch並みの価格ならお試しでやってみちゃおうかなとは思いますが

ぜひ人柱…人身御供…いやいやモニターお願いしますね

ジャガアポー

 「実際に販売されるまで、どうなるか分からない」と言われたら「その通り」としか言えませんが、こう想像すると楽しいですよね!

 去年後半に『Apple Watch』が発表されたものの、明らかになっていない仕様がまだまだたくさんありますね。“iPhoneとセットで使う”ということが暗黙の前提となっているみたいで、これはなかなかリスキーな販売戦略ではありますが、iPhoneが爆発的に普及している日本では、過剰な心配は必要なさそうですね。

 『Apple Watch』のどのモデルを買うか、まだ未定ではありますが、買ったらレビューしますのでお楽しみに!

yamac

いつも楽しく拝見させていただいております。
初めてコメントさせていただきます。

私の左腕には妻からプレゼントされた大切な自動巻き時計が鎮座しており、現在発表されているようなapple watchがそれに取って代わることはあり得ません。
記事の中でも言及されています通り、時計にはブランド品としての価値があり、また人それぞれの思い入れがあると考える人も多いでしょうから、スマートウォッチが時計の代替にはならないと思います。

ただ、もしapple watchが発売前の予想写真のようなリストバンド型であったら、私は購入していたと思います。
時計とは別に右腕にしたり、デザインによっては時計と重ね付けすることもできるでしょうから。
スマートウォッチ市場が狙うべきは、「右腕」じゃないでしょうか。

ジャガアポー

 初めまして、コメントありがとうございます!

 たしかにスマートウォッチのような電子機器は、2年程度で新しい機種へ買い換えることが前提となっていますから、“思い入れ”の点ではアナログ時計に太刀打ちできませんね。家族から「入学祝いにスマートウォッチを買ってやろう!」と言われても、嬉しくありませんから…(汗)

 右腕を狙う…それはまた新しい発想!
“場面に応じて、既存の腕時計と使い分ける”のではなく、“既存の腕時計と同時に使う”というアイデアは、なかなか面白いです。
『Apple Watch』がリストバンド型でもなく円形でもないのは、Appleのことなので、何か大きな理由があるのでしょうね〜。

しきしま

 遅ばせながら、確実に普及しますよ!これ!
既存の技術のままでは画面の小ささから飽くまでもスマートフォンの補助でしょうが、そこに価値があると思います。NFCだとかFeliCaだとかそういったものを使うためにわざわざスマートフォンを出すよりもぱっと手を差し出せばピッと使えるのは絶対便利です。
 スマートウォッチで通知を読んだり、小さい画面でもわかりやすい天気情報や歩数だとかそういうものを表示する。或いはナビの補助としてどこへ歩けばいいかを指示するなどの活躍もしてくれるかもしれません。
 スマホはネットサーフィンや電話、メールなどの入力に専念できます。スマケー(ガラホという言い方が嫌いでして……^^;)の補助にもいいと思います。
 スマートウォッチはその価格とバッテリー持ちの問題が解消されれば、前の記事でジャガアポーさんがいったようなスマホを使う機会を減らすものとして活躍してくれるでしょう。最近は普段腕時計を使う機会が減っていますし、腕時計離れを抑えるいい端末だと思います。まぁ、他の方と似通った意見ですな。

ジャガアポー

 “腕時計離れを抑える端末”ですか!
たしかに、スマートフォンの普及によって腕時計の必要性がなくなってきました。ほとんどの人はファッション目的で身につけていると思います(僕もそうです)。
 アナログ腕時計の売れ行きをスマートウォッチ促進する…なんてことになったら、なかなかおもしろそうですね(笑)

アルペソ

全面的に賛成ですね
健康管理をアピールしてる企業が多いですが、それは二の次三の次で、ポケットからスマホを出さずに操作できることに一番メリットを感じます。
そういう観点から行くと、ポケットに入れるiphoneより、バッグやリュックに入れるipadと一緒に使うほうが便利かなと思います。ipadで音楽を聴いているときに、別のアルバムの曲を聴くためだけにipadを出すのはめんどくさいので

ジャガアポー

 スマートウォッチはスマートフォンで最も煩わしい“ポケットから取り出す”という動作を省く製品ですからね〜。
そう考えると仰るとおりタブレット端末との併用がベストな気もしますが、スマートウォッチで通話ができるようになってほしいところです。

だーりまん

流行るとは思いますが、僕は少し様子を見ます。
きっと、かつてのiPhone、iPad、そしてiPodがそうであったように、第三世代Apple Watchくらいまで成熟すると本当に安定して便利なモノとサービスを作ってくると思うので。
いずれにしても、楽しみですねえ。

ジャガアポー

 まー、長く使うのであれば初代は避けるのが吉かもしれません。ただ『Apple Watch』の場合、1年サイクルで新しいモデルをリリースするかどうか…。
SIMカードを挿入可能な『Apple Watch』が登場するまで、何年かかるでしょうか(笑)

ゲゲゲのゲスト

スマートウォッチを見る度何時ぞやのポケベルを思い出します
意外と人間は保守的傾向が強いですから電子書籍のように普及には時間がかかるように思われます(電子書籍はむしろ後退しているという結果も)
携帯が普及して必需品となった後にその代替としてスマートフォンが出現したのに対して腕時計はビジネス以外では必需品とは言えなくなってきていますし、そのビジネスシーンでも実用性と言うよりはステータスや人間性を表すシンボル的な扱いです。時計型ウェアラブルは海外では分かりませんが少なくとも日本では苦戦を強いられそうです
どちらかと言えばメガネの方が伸びしろはあるように感じますが…

ジャガアポー

 たしかに、今の腕時計はステータスとして持たれていることが多いです。ただ、最近の製品(電化製品に限らず)はデザインにこだわったものが多く、一般消費者も無意識のうちにデザインにこだわり始めていると感じています。今現在のスマートウォッチにはたくさんの課題がありますが、実用性とオシャレさを兼ね備えたスマートウォッチが登場すれば、流行するのもそう遠い話ではない気もしますね〜。
 メガネ型のデバイスはバッテリー問題だけでなく、重量の問題もあるので、実用性のある製品を開発するまでに、多くの時間を要すると思います。メガネ型も腕時計型も、どちらも近未来的なデバイスになりそうなので、期待したいところです!

まつ

いつも記事を楽しみにしています。
自分はAppleが好きなのでAppleWatchも流行って欲しいですね~

ジャガアポー

 はてさて…『Apple Watch』は流行るかどうか…!

ゲゲゲのゲスト

テレビで言う3Dみたいな一過性かと思います
ガジェット好きにはデザインもいいのでしょうが、やはり腕時計として見ると非常にダサいですし、高機能には大きめのディスプレイで色々と出来るようにしないといけないのでデザイン性が犠牲になりそう
一般に流行るということはおしゃれと認識されるのがかなり重要なファクターだと思いますがそこが難点、またこれさえあればスマホが要らないというわけじゃない立ち位置の商品の場合値段もネックだと思います。
便利だからとみんなBluetoothで連携させるイヤホンやスピーカー、コンポなどなど持ってるわけではありませんし、中々厳しいものがありそう。
従来のおしゃれと実用を兼ねた時計の付加価値として実はスマホの通知が時計でも分かる程度のものが一番何じゃないかと思います。

ジャガアポー

 実に的を射た意見!
あの小ささへ詰め込む機能の数、機能の使いやすさ、そして値段…など、爆発的に普及するには、あまりにも課題点が多い気もします。

めんた

iPhoneやiPadには驚くような機能や特徴があって、それが理解されて普及したと私は思います。しかし、今回のAppleWatchはどうでしょうか...
タッチパネルや心拍数の測定などの機能は安価なAndroidWare搭載のスマートウォッチにも搭載されていて、目新しさが無いんですよね...
AppleWatchの必要性を考えてみたのですが、他のもので事足りてしまうんです。

私はアプリ開発の側(初心者)ですが、どうもいいアイデアが出ませんね^^;

ジャガアポー

 『Apple Watch』には、他の『Android Wear』端末には無い、ストレスや血圧を計測できるセンサが搭載されるようです…が、どうやら精度に問題があるようなので搭載を見送ったという噂がありますね(汗)
結局、機能面で『Android Wear』と差別化できず、それでいて高価となると、『Apple Watch』の成功はAppleのブランド力次第になりそうですね。

ゲゲゲのゲスト

Apple Watchあるいはスマートウォッチが流行るか?というと、日本では流行らないと予想します。
機能については記事、コメントで触れられているので別方向からの理由を。

スマートウォッチを安直に略して言うとスマウォ?になると思いますが、何か語感が悪い、しっくりこない感じがします。普段からスマートフォンならスマホ、昔からある携帯電話ならガラケーかケータイで大抵の人に通じる上、主観的ですが語感という点ではしっくりきていると思います。

個人的には、スマホ + Bluetoothレシーバーの組み合わせで既に幸せになっています。
腕時計は・・・アナログ一択で

ジャガアポー

 アナログ腕時計が普及している今、完全デジタルな腕時計は受け入れられにくそうですね。『Apple Watch』がSuicaに対応していれば、日本でも爆発的に普及しそうな気もしますが、米国の製品なので実現は難しそうです…。
腕時計をかざすだけで改札通れたら便利なのですがねぇ…。

ハオン

私はApple好き(予算的都合であまりApple製品がないから信者とまではいかない…)なので買いたいのですが、一番安い奴でも40000円超ととてもとても手が出ないのでこれも買えません泣

記事中でも書かれてある通り、やはりブランド力は強いですよね。エルメスやヴィトン、グッチのバッグや財布と言ったらそれはもう欲しい人で群がるでしょうし、時計もロレックスやオメガ、フランクミュラーといった高級ブランドは欲しい人が多いでしょうから。やっぱりそういう意味ではAppleも高級(?)ブランドなので購買意欲はとても掻き立てられると思います。

ある本にも書かれていたことですが、「人が欲したものをAppleが作るのではなく、Appleが作ったものを人が欲する」とありました。ジョブズ氏が亡き今となってはどうかは分かりませんがこれからもぜひそういう企業であってほしいです。

ジャガアポー

 『Apple Watch』は高いですからねぇ…。iPhoneも10万円近くしますが、キャリアによる24回分割払いが当たり前になっているので、iPhone自体の値段を気にしない人も多いかと思います。値段を気にするならば、月額費用の方ではないでしょうか。
それに対して『Apple Watch』は基本的に一括払いとなりますから、値段だけで買うことを諦めてしまう人も多そう…。

 Appleは昔から“人々が求めているものを作るのではなく、自分たちがほしい物を作る”という方針のもと経営してきたようですが、果たして…。

コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。
コメントを投稿した際には、コメントガイドラインに同意したものとみなされます。